本文へスキップ

中国語、英語、日本語対応可能の行政書士。在留資格取次申請のみならず、各種許認可に関する起業サポートも中国語、英語で対応できる法律事務所です。

TEL. 044-223-7966

〒210-0001 神奈川県川崎市川崎区本町1-8-3東急ドエルアルス川崎208

業務案内DESCRIPTION based on LAW

各種許認可

 日本の法律で一部の事業に対して、行政より許認可がないと、営業活動ができない規定があります。許認可の取得は行政書士の得意分野でもあります。煩雑の手続きを行政書士に丸投げして、大切なお時間を事業に使うのは効率向上の為です。

その他
 届け出手続きが済まされていない民泊はAirbnbのような媒介に宿泊施設の情報を掲載することが出来ません。合法に手続きを済ませば、再び営業再開可能です。大阪市と東京都の大田区以外では、宿泊事業法に従い、年間を通して180日以内の営業が可能です。特区戦略法案のに従い、大田区と大阪市の一部の住宅は国の認定を受けることを前提に、年間365日営業することが可能です。

古物商
 古物営業法で規定される古物を売買または交換することを業とする個人、法人には、行政より許可をもらう必要があります。

酒類販売等
 お酒の業界は昔から独自のルールや習慣で商売を規制してきました。お酒の製造、販売に関しては、免許制で行政は規制を掛けています。仕入と販売ルートの違いにより、必要となる免許が違いますので、間違いて申請して、結果、事業に使用することができないこともよくあります。

飲食店等営業許可
 単に飲食と言っても実に幅広い分野でありながら、わが日常に一番近い業界でもあります。この業界で個人事業主または法人として活躍しようとするかたも大勢います。扱っている商品、または販売手法が違うによって、必要な手続きが変わってきます。許可制と届出制どちらで適用させるのは地自体の条例によって違います。しっかりと情報を掴んだうえで、手続きを行っていくのは上の策でしょう。

その他
 阿部のミックスの影響で、日本に訪れる観光客の数は年々増えている傾向であります。盛んでいる観光産業の中に不可欠な存在として、旅館業があります。宿泊の施設を提供することで宿泊料をもらくことを旅館業として、旅館業法に規制されています。

その他
 工事中。

バナースペース

沃野国際行政書士事務所

〒210-0001
神奈川県川崎市川崎区本町1-8-3
東急ドエルアルス川崎208

TEL 044-223-7966
FAX 044-223-7967

会社方針 - 沃野国際行政書士事務所

minpaku.htmlへのリンク

service-licening-05.htmlへのリンク